インターネットでビューティーオープナーについて調べていたら、「ビューティーオープナー NHK」と検索する人が結構いることが分かりました。

「もしかしてビューティーオープナーがTV番組で紹介されたの?」

個人的に気になったので詳しく調べたところ、NHKで紹介されたのはビューティーオープナーではなく「卵殻膜」についてでした。

せっかくなので、卵殻膜がどのように取り上げられたのか、詳しく紹介していきたいと思います。

ビューティーオープナーに配合される「卵殻膜」がNHKの番組で紹介

卵殻膜について放映したのはNHKの2番組です。詳しい情報をみていきましょう。

【1】「ためしてガッテン」

卵殻膜美容液が一気に広まった理由のひとつが、「ためしてガッテン」で卵殻膜が取り上げられたことのようです。

「ためしてガッテン」といえばNHKの人気番組ですから、その影響力ははかり知れません。

ただ、どのような放映内容なのかは詳しい情報が見つかりませんでした。

【2】「マサカメTV」

NHK  卵殻膜

「マサカメTV」はオードリーが司会をつとめるNHKの人気番組。こちらでも卵殻膜がとりあげられました。

この日のタイトルは「ジョーシキの殻を破る卵」で、テーマは「卵全般」。卵料理や卵の殻を一瞬でむく方法などが紹介されたようです。

ビューティーオープナーでもお馴染みのあの人が登場

肝心の卵殻膜についてですが、番組の中で「卵とプロレスには意外な関係がある」というクイズが出題されました。

問題.「プロレスラーはタマゴを○○の代わりに使います」

正解.「絆創膏(ばんそうこう)」

ここで登場したのが、ビューティーオープナーの公式サイトでも紹介されている跡見順子教授です。

跡見順子教授といえば、卵殻膜と美肌の研究をされている東京大学名誉教授で、「卵殻膜のスペシャリスト」と呼ばれているスゴイ方。

卵殻膜 跡見順子教授

跡見教授のコメントによると

「卵の殻の膜である卵殻膜は、傷口に貼ると傷が早くキレイに治る」

ということでした。

 

卵殻膜は細かいメッシュ状になっていて、その構造上、空気は通すけど水は通さないことから、「天然の絆創膏」になるんだそうです。

ビューティーオープナー nhk

 

確かにボクシングや相撲でも、「傷が早く治るから」という理由で、傷口に卵の薄皮を貼り付けておくという話をよく聞きますね。

 

この番組中に卵殻膜を使用した化粧品が紹介されたわけではありませんが、「卵殻膜」が注目されるようになった理由でしょう。

番組に登場した跡見順子教授は、実際に「卵殻膜と美肌の研究」をされていることからも、期待の美容成分として注目を浴びているのではないでしょうか。

まとめ

ビューティーオープナーに配合されている卵殻膜が放映されたNHKの番組内容についてまとめて紹介しました。

卵殻膜はNHKで「奇跡の若返り成分」と紹介されたこともあり、肌との親和性が高いことも注目されています。

ますます卵殻膜の美容効果から目がはなせませんね。

>>卵殻膜美容ビューティーオープナーの詳細はこちら